熊本大学附属中学校について
HOME -> インフォメーション

年3組(白虎団) クラス紹介

 

私達二年三組は明るく元気なクラスです。

担任の先生は河本先生です。 優しく、元気をモットーに指導してくださる先生です。

太陽の熱く照りつける日差しの中、私達は日々練習を積み重ねてきました。

そして五月十九日、ついに本番がやって来ました。

朝の爆竹がなり、1人1人の気合いが入りました。

競技では1人1人がこれまでの練習の成果を出し切ることが出来ました。

そして、すべてのプログラムが終了し、クラスの結束がより深まりました。

 

附属中学校の三大行事の1つである合唱コンクールに向け朝練、昼練、夕練と毎日取り組んできました。

指揮者、ピアニスト、パートリーダーとの話し合いで自由曲は「予感」になりました。

課題曲は「Gloria」で、この曲はラテン語のため難しく、苦戦しました。

最初の方はまとまりがありませんでしたが、学年プレコンクールを通してほかの団の歌を聴いてそれが刺激になり、より毎日の練習に熱がこもってきました。意見がぶつかることもたくさんありましたがその度にみんなで話し合いのりこえてきました。

この写真は合唱練習の様子です。

附中文化の日の午前の部はサクソフォンとピアノの芸術鑑賞でした。みんなリラックスしてきいていました。しかし、本番前になるとみんな緊張している様子でした。それでも、これまでの中で一番上手に歌えたと思います。優勝はできませんでしたがこの行事を通してクラスの団結力がより一層強まりました。

合唱本番の様子