HOME -> 2018年度PTA -> 執行部だより (PTAブログ)

PTAブログ

すずかけ祭り(情報委員ブログ)

2018年12月01日 (土)

 11月18日(日),熊本大学教育学部附属特別支援学校「すずかけ祭り」が,特別支援学校グラウンドにて開催されました。

 9時30分からのオープニングでは,小学部・中学部・高等部の皆さんが,ステージ上で,各学部について歌やダンスを交えて楽しく紹介していました。観客も一体になり,笑顔が溢れていました。

 その後,様々な食品,作業製品の販売が始まりました。どの製品もデザインなど工夫されており,すぐに売り切れるものもありました。キッズコーナーのスーパーボールすくいやグラウンドの築山を利用した滑り台には,長蛇の列ができ,子供たちの楽しそうな声が響き渡っていました。 

 本校からは,校長先生,副校長先生および教頭先生のご来場をはじめ,PTA執行部と茶道部が出店していました。執行部の方々は,前日の京町台ソフトボール大会に引き続き,早朝から出店準備と大忙しの様子でした。会長を中心に手作りされた“馬汁”は,初めて食しましたが,豚汁とは異なる味わい深さがあり,大変美味しくいただきました。一方,茶道部の皆さんによる野点は,風情のある落ち着いた時間を提供していました。

 他にも,洋菓子・コーヒー・物品の販売,また,緑化推進課が学校菜園で収穫した里芋やサツマイモも販売され,こちらも賑わいを見せていました。グラウンド中央に用意された大きなブルーシートを敷き詰めた休憩スペースでは,多くの方々が,食事をしたり,会話を楽しんだりと,ピクニックのように過ごされていました。

 附属幼稚園,附属小学校PTAも出店されており,実際に他の附属キャンパスを訪ねる事により,改めて,同じ熊大の附属四校の絆を感じました。

 小さい子供から年配の方まで楽しめる「すずかけ祭り」に,来年は皆さんも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

1年4組 情報委員

 

第21回京町台ソフトボール大会(情報委員ブログ)

2018年11月22日 (木)

    

 秋晴れのもと,11月17日(土)に,近隣小中学校との親睦をはかるため第21回京町台ソフトボール大会が開催されました。 開会宣言の後,今回の主管校である附属中学校の橋本会長,黨校長先生よりご挨拶がありました。今井先生の指揮のもと皆で準備体操をし,そして,各コートにて試合開始。我が附属中チームは,円陣を組み優勝を目指して気合い十分で挑みました。
 第1試合の井芹中との対戦では,2回に2点を先取し,守りにおいては女性バッテリーの安定した配球と外野や内野の機敏な動きで4回までを1点に抑えましたが,最終回で井芹中の猛追があり同点。第2試合は壺川小との対戦で,互いに譲らないファインプレイの応戦でしたが,惜しくも1点に泣く結果となりました。
 最終結果は,附属中コートは1位附属小,2位井芹中。京陵中コートの1位は花園小でした。
 残念ながら優勝を逃してしまいましたが,それでも,全力をつくし,ソフトボールの攻防やお互いを称え合う声援をとおして近隣小中学校の保護者の皆さまと一体感も芽生え,大変すがすがしい1日となりました。

2年4組 情報委員

 夜の懇親会は,約100名の参加となりました。今回,金剛(株)さまのご協賛により懇親会参加者全員に,金属製くまモンのブックエンドをご提供いただきました。各学校の保護者,先生方の親睦も深まり,盛り上がりの中,抽選会を行い大盛況の中お開きとなりました。
   主管校ということで,たくさんの保護者の皆さまに準備,運営からご協力をいただき,無事に大会を終えることができましたことに感謝申し上げます。最後にこの場を借りて,ご協賛いただきました金剛(株)さまに厚く御礼申し上げます。

執行部

 

登校観察(情報委員ブログ)

2018年11月20日 (火)

 11月13日,立冬も過ぎ朝晩の冷え込みも本格化するなか,生活委員の方々が毎年11月に行っている登校観察に,私たち情報委員も付き添いました。

 今回は上熊本1丁目付近から上熊本駅方面へ向かい,そのまま中学校へと続く坂道を上る徒歩コースを行きました。上熊本駅方面から中学校へと向かう坂は通勤・通学のピークだった事もあり下り坂を利用して下りてくる自転車がかなりのスピードですれ違っていきました。もし接触すれば大きな事故につながるので注意が必要だと感じました。

 坂を登る子供たちは自転車に気をつけながら右側通行で歩くことができており,さらに,附属小の子供たちを気づかう姿もみられました。小学生と一緒に登校する姿は微笑ましく,親として嬉しく思うとともに中学生としての逞しさも感じました。

 なるべく集団で通学すること,ひとりにならないことが,不審者から身を守るために大切なことです。隣に中学生がついていた小学生は,きっと心強く思っていたことでしょう。是非この習慣を続けて欲しいと思いました。

 中学校までの道のりを子供たちと一緒に歩き,各交通機関に同乗したことで保護者の知らない普段の登校の様子が把握できました。また,附中生としての公共マナーや交通ルールが守られているか,学校付近の通学路に危険箇所がないか,などを確認することができた大変有意義な登校観察でした。

 ご多用な中,ご協力いただきました生活委員の方々,本当にありがとうございました。

1年1組 情報委員